2009年09月30日

『田頭宜和/f』を聴いて

『新しい季節』

軽快でかつ伸びやかなピアノが、
走り出して勢いをつけて飛び立って行くイメージそのものだ。
触れていながら包まれている空の中を
どこまでも行けそうな気分にさせる曲だ。

『笑顔をつくろう』

田頭くんの話によると
「今日も一日働いてクタクタ♪」
この文章の中に
「風呂入って」という言葉が無いなと
よく指摘されるそうな。
「どうしようかな出掛けようかなそうだ♪」←この「そうだ♪」のところで
声が嬉しそうになる所がいい。

『青空』

イントロのピアノの音色がもう感動的…
と言ったら言い過ぎだろうか?
「澄み切った空に…♪」の所での転調が
効果的だと感じた。
この歌をかいた人物はいつも空を見上げて
心を泳がせているのではないか…
という印象を受けた。

『贈り物』

ライブハウスで聴いてみたくなる曲だ。
薄暗いやや閉ざされた空間で
じっと耳を澄ませて感じてみたら
もっと多くのイメージが浮かんで
どっぷり浸れそうな楽曲だと思う。  


Posted by セノールマンキ at 21:43Comments(2)

2009年09月30日

『SEIZY/魂て箱』いいねえ

『魂て箱〜A SOULBOX SEIZY PRESENTS〜』を聴いて

『拳道〜KODOH〜』

2009年の現在に聴いて、凄く心の真ん中に届く。
「友達がいた恋人がいたでも俺という存在がいなかった♪」
自分の存在というものを認識する事と
孤独を感じる事はまた別の物事なのだろうか…
などと考えさせられた曲だ。

『夢の彼方』

俺と君、
この組み合わせが面白いと思った。
俺とお前、君と僕はよくあるけれど…。
妙に耳に残るこのフレーズ。

『WRONG TIME A GO!』

「俺達の進む人生(みち)は今 示されたばかりだ!♪」←「そう、
そう言って欲しかったんだよ、SEIZYさん!」
大人になっていく課程を人は生きていくのだなあ…
と改めて感じさせられる曲である。
大人になってしまう事など無いのだ
という大事な事をつい忘れてしまう
…んだなあ。  


Posted by セノールマンキ at 17:06Comments(0)

2009年09月30日

『SEIZY/魂て箱』やっぱり『海』!

『魂て箱〜A SOULBOX SEIZY PRESENTS〜』を聴いて

『海』

寄せては返す波の様に
何回も何回も繰り返し聴いても飽きない曲だ。
砂浜に腰かけてずっと海を眺めている様な気分になり、
ささくれだった心が平らかになっていく。

『雪』

ジャンジャララン ジャーン ジャジャジャ
(SEIZYさん口述による♪)
とギターをかきならす音で始まる
SEIZY節(?)とでもいった感じである。
雪がひとひらまたひとひらと
地面に辿り着いては溶けてしまうのを
生き方になぞらえるというのは
新しい切り口の様に思える。  


Posted by セノールマンキ at 13:45Comments(0)