2013年05月28日

『恭やん&ひでっさんのお世話になります!?』UST生放送











ここは

和歌山市狐島FOXYテラス

『和歌山ライブの歩き方』スタジオ



今宵は

往年の名物デュオ『恭やん&ひでっさん』による

U-STREAM公開生放送が行われていた。



この二人組、かな~り長いつきあいの様で

まだ 恭やんもひでっさんも中学生(!)の頃の

当時よくギターで弾いていた曲やら

作詞:ひでっさん、作曲:恭やん による

いにしえの名曲(!?)をやりだしたり



主にひでっさんによる無茶ぶり(←恭やんに物まねをせよと言う)を

恭やんがはっし!と受けとめたり



まあ兎に角

おもろくて長~~~い一時間であった♪







生放送終了後には

ずっと客席で見守っていた

ひでっさんの『サイレント・ブルー』の方の相方が

どうしても!という聴衆のリクエストに応えて

一曲披露してくれた♪  続きを読む


Posted by セノールマンキ at 23:23Comments(7)

2013年05月18日

カフェドカズ@ヴィンテージ初観覧











金曜日の夜のアロチは

初めて足を踏み入れた者にとってはギラギラに眩しいなあ…



そんな事を思いながら

二度目のヴィンテージへ。



ステージの途中であった。












『カフェドカズ』

毎月第三金曜日に行われるこのライブイベントの

主催者でもある

カズさんと

ナガサキさんが

スティングのイングリッシュマン・イン・ニューヨークを歌ってくれた♪

(懐かしい~♪と筆者は思った。)













ギターがめちゃくちゃ格好良かった。

こういう時、キーボード出身の筆者は

ギターを思う様弾ける人を羨ましく思うのだ。



















そしてこの夜のトリはカズシット。

ポエトリーリーディング。

長身ゆえ、モニターディスプレイ(かな?ヴィンテージのフロア中央の柱に付いてる画面)の

映像を見上げたら頭一つ画面からはみ出していた。

幾つか手持ちの詩を演ったあと

観客からお題をもらっての即興詩。

『ドラクエ』『ブリティッシュ』『メダパニ(ドラクエでの混乱呪文)』

めちゃくちゃおもろかった。







  


Posted by セノールマンキ at 05:11Comments(5)

2013年05月13日

うまかっちゃん@Vintage本編
















ギターをひたすらジャカジャカ弾きまくり

言葉を吐き出し続ける那須涼介



大体において歌詞というのはカッコつけが

多少なりとも混じっており(←筆者が敬愛するTHE BOOMの宮澤和史も『未完詩』の中で触れているとおり)

耳あたり(口当たりみたいなもん)良く聞こえるものだが

この人の歌詞は聞いてて苦笑いが漏れる感じの

でも見事な心理描写で

そんで世代的な共感すら覚えてしまった。(39歳だそうだ。筆者は42歳。)







そして何より筆者がこの夜お目当てにしていたのは

FUCK’N BULLSHIT(ファッキンブルシット)。

この、いこらブログでも『路上の詩人~永遠の旅路へ~』ブログでお馴染みの

カズシットがボーカリストをつとめるパンクバンドである。



以前、ダンビラビラビラというパンクバンド(カズシット、シトシット、咲、ジュンシット、イモシット)をやっていたが

今はすっかりたたずまいも、音も新しくなって

つまり、有り体に言えば、パンクバンドらしい確かな技量とハチャメチャなステージでもって

筆者の前に現れた♪



今回のライブイベント、

大阪からのバンドが多数参戦しており

見応え充分過ぎる位なのだが

正直、全く見劣りしないパフォーマンスであった!



カズシットから目が離せない。  続きを読む


Posted by セノールマンキ at 18:37Comments(2)

2013年05月13日

うまかっちゃん@Vintage
















ヴィンテージというライブハウスは初めてだった筆者

あらかじめ場所を探しに行ったが

なかなか見つけにくい所だった。

大新公園からほど近い雑居ビルの4階にそれはあった。





『第31回 うまかっちゃん』という名のライブと聞いて

(何故、懐かしのインスタントラーメンの名前なんだろう?)と思っていたが



大阪から参戦の『伍龍(←ウーロンと読む)』のボーカリストMCによると

かっちゃんの誕生日だから『うまかっちゃん』になったらしい♪



その 伍龍(←ウーロンと読む)の画像も載せてみたが

例によって例の如く、ハッキリ撮れていないので

またもや、『和歌山ライブの歩き方』編集局のパソコンにて

記事を作成するまで

本編は暫しお待ちを………。


(早く自宅専用回線が欲しいセノールマンキであった…)  続きを読む


Posted by セノールマンキ at 05:29Comments(0)