2015年02月27日

ともちゃんとSMILE TIME UST先週放送分






ここは 和歌山市狐島FOXYテラス
ミュージックマート・イワキ狐島店

またの名を

『和歌山ライブの歩き方』スタジオ



本来、貴志知美によるUST公開生放送『ともちゃんとSMILE TIME』は
偶数月の第4木曜日の夜9時から行われているのだが
どうした訳か
今回は第3木曜日に振り替えになっていた。
急きょの変更にかかわらず
貴志知美のファンにはさほどの事ではないらしく
このスタジオには多数の聴衆が座っていた。(さっすが♪)


この番組をインターネットで見ていた方々には
どんな風に映っていたのか定かではないが
スタジオで直接見たともちゃんは
何だか2ヶ月前(前回の放送)よりも顔がまるくなったように感じた。

局長「なんか良い事が(恋愛面で)あったんじゃないの?」

ともちゃん「最近美味しいものを沢山食べているからだと思いますけど‥。」

局長「伊勢神宮に旅行に行かれてたんですよねえ。どんな美味しいものを食べましたか?」

ともちゃん「色々と食べましたが、なかでも穴子丼が美味しかったんですよ!(えらく気に入った様子)
       私、穴子ってそんなに食べた事がなくて、それがこんなに美味しい物だったなんて♪」

そんなやりとりから‥‥‥

局長「ともちゃんのライブの予定はどんな感じなの?」

ともちゃん「それが、来月は入れてないんですよ。加太の鯛祭り(3月の第1土曜日)でも行って
      ゲリラライブでもしてこようかな?」

局長「加太といえば、全国放送のテレビで紹介された黒あなご丼って知ってる?」

ともちゃん「いえ、知らないですけど。」

局長「今度、加太で新しく売り出すらしいんだよ。それはともかく、加太でいつも焼いて売ってる穴子がうまいんだよ。
    食べた事あるかい?」

この、穴子の話題に文字通り食いついた様子のともちゃん。

ともちゃん「次回(4月の第4木曜日)のUST公開生放送は、加太からお送りするっていうのはどうですか?
       美味しい穴子を頂きながら、
       そんな事が出来る会場をどなたかご存じないですか?」

まあ、どの位本気で言っているのか
その場で聞いていても謎の、ともちゃんの発言ではあるが
それはそれで面白い企画だと
加太好きな筆者は思った。


ともちゃん「4月26日、日曜日の昼間に
       和歌山市雑賀崎にある鉄道カフェ スハネフ14-1さんにて
       5組のミュージシャンによるライブをやります。
       チケットは30人限定ですので
       参加希望の方は、スハネフ14-1さんまでご連絡下さいね♪」
       






  


Posted by セノールマンキ at 11:25Comments(0)

2015年02月18日

演歌・歌謡曲ダイジェスト版~祝50回~回想


ここは和歌山市狐島FOXYテラス
ミュージックマート・イワキ狐島店
またの名を
『岩喜演歌商店(いわきえんかしょうてん)』

このレコード店のある狐島近辺の出身であり
現在は
紀の川市にある
カラオケスタジオみえこで
歌唱指導等もされている
演歌歌手・沙門宏幸(さもんひろゆき)さんと
『岩喜演歌商店』店主でもある
『和歌山ライブの歩き方』岩橋編集局長との
軽妙なトークにのせて送りだされる
毎月30曲以上の
演歌・歌謡曲の新譜をワンコーラスずつ試聴して
松・竹・梅の三段階で採点
それを集計して
今月の推薦曲を決めるイベントである。


この試聴会に来られる方々は
お耳が肥えている方がほとんどであるのだが
筆者はあんまりそうでもなく
「声が素晴らしい」とか「詩が良い」とか
「なんか面白くて耳に残る」とか
そういった採点もありなので
演歌・歌謡曲のファンには是非とも一度
体験して頂きたいイベントである。

今回の全36曲の中で筆者が気に入ったのは

原文彦作詞/四方章人作曲
『津吹みゆ/会津・山の神』
弱冠19歳の、澄んだ山清水みたいな歌声が良い。

石井克明作詞/田尾将実作曲
『花見桜幸樹/アイラブ東京』
くねくねと腰を揺らす様なブルースが何ともいい感じで
この、花見桜という名前は
紅白歌合戦でお馴染みゴールデンボンバーの
鬼龍院さんが名付けたそうな。



また、この試聴会では
『みんなの歌謡曲』という新聞が配布される。もちろん演歌・歌謡曲の情報誌なのだが
じっくり読んでみると中々面白い。


『演歌・歌謡曲ダイジェスト版試聴会』も
なんと50回目なのである!

この場所で開催されるのはあと一回。
次回は3月4日(金)13時~。

新年度からは
河向こうの県立図書館2階に場所を移し
開催曜日、時間も新しくなると言う。
このアットホーム感が維持されていると良いと思う。



  


Posted by セノールマンキ at 11:10Comments(0)