2016年04月25日

和歌山マジカルミュージックツアー体験記


土曜日の晩の事
ここは和歌山市新雑賀町(鈴丸)
ライブハウス オールドタイムから歩いて数分のビルの2階
ピアニスト木谷悦也さんとシンガーソングライター宝子さん夫妻が営むお店
『ぴあのバー あんてぃーく』
この夜は『和歌山マジカルミュージックツアー』の前夜祭という事で
和歌山市内全13箇所もの会場にて
ミュージシャン達が入れ替わり立ち代わりで
ステージを繰り広げていた。


筆者の友人が刀禰知美の大ファンなので
ここを訪れたのだが
会場は既に立ち見も出る状態であった。
それでも木谷さんのピアノが聴けて良かった♪


清水煩悩(しみずぼんのう)のライブ。
分かりやすい所で言えば
ちょうあんどっぐに近い声かな
『競馬場に行きましょう』
『マンガの歌』『ビタミンC』煩悩という名前にしたいきさつを聞いてみたら
本当の名前には役所の許可が下りなかったので
その名前で歌っているんだとか。

とここらで時計を見たらよかったのだが


ここに来たらやっぱり宝子さんの歌を聴かずには帰れまい、と
改めて座って
宝子さんはオリジナル曲のリクエストに沢山
応えてくれて
ライブが終わった時には
終電がもう終わっていた。


気を取り直して翌日の日曜日。
宇佐美コーゾーさんによる手描きの大看板が出迎えてくれていた♪


この2枚、上手に並べたら
女性シンガーの流れる髪も綺麗に映るのに
筆者どうやっても上手く出来ない‥。


この日は和歌山城の野外ステージ10箇所と
県立近代美術館にてライブが開催されていた。
筆者が西の丸ステージにたどり着いたのは既に夕刻で
コースケバンドがステージに上がっていた。
いやー、楽しくてしょうがないねえ!って感じになった。


続いてHarami - coba -
最初のうちはただ何となく観ていたのだが
彼らの熱さにだんだん乗せられていった。
何と!アルバムCDを無料で来場者に配り
「その代わり熊本の為に募金して行って下さい!」
スマートなやり方だな~と思った。
このアルバムについては後日また記事にしようと思っている。


とここで、迎え酒の神様があらわれた!
いや違う、パンクバンド『ダンビラビラビラ』のボーカル、カズシットがあらわれた。
「まあ一杯」と命の水(ウイスキー)入りの飲み物(ハイボール)をご馳走してくれて
少し話をして筆者の肩をぽんと叩き、去って行った。
やっぱり彼は、迎え酒の神様だった。


それからSoul Train Band
ステージ前ではHOMIESがダンスを披露してくれて
最高に気持ち良く音楽に乗れた。


陽が落ちる頃
TONPEIによるライブ。
あま~い!って言いたくなる位甘い歌声なのに
物凄く声に張りがあるのだ。


THE SHOCKING
ボーカルの人が歌い出した途端
(ルイアームストロングが出てきたんかな)と思った。そういう声だった。
これでもかこれでもかと繰り広げられるパフォーマンスに
圧倒されながらも楽しく盛り上がれた。


Fried Pride
パンフレットのアーティスト写真とちょっと見た目が変わっていた(ボーカルshihoの髪の色と、ギタリスト横田明紀男の髪型がロングから短髪へ)ので
最初のうち違和感有りながら観ていた。
だけど凄い。一度聴いたら忘れられなくなるボーカルと
ギターの一部なんじゃないかと思う位の指の動き。
良いステージを観させてもらった。


最後はグランドフィナーレ
全員でイマジンを合唱した。
いつまでも帰りたくない気分だった。









  


Posted by セノールマンキ at 23:11Comments(3)

2016年04月22日

『ともちゃんとSmile Time』@LURU ホール


木曜日の夜の事。
ここは和歌山市狐島Foxy テラス
いつもの『和歌山ライブの歩き方』編集局ではなく
まだ紀州材の木の薫りも新しいLURU ホール


ここでユースト公開生放送をするミュージシャンは皆
「素晴らしいホールですね!この会場から毎回、公開生放送したいなあ。」と言うのだが
ともちゃんもいたく感激した様子。
刀禰知美「いつの日かここでリサイタルを!したいなあ!」
今日はゲストミュージシャンにSAM 田中さん。
SAM 「立派なピアノもあるし、弦楽四重奏を従えてな~んてどうですか?」


刀禰知美「今日は張り切ってセットリスト(曲順)組み立てて来たんで、いっぱい歌うんですよ。」
先ずは何曲か洋楽のカバーを歌ってくれた。
足を踏ん張ってじゃないと歌えないという、スティービーワンダーの曲が筆者は気に入った♪


新婚ほやほやの刀禰知美。
刀禰知美「とねともみ、って言いにくくないですか?」
SAM 「とねともみとねともみとねともみ‥(早口で三回程)確かに言いにくいですね。」

最近食べ物ソングが次々良い出来だという刀禰知美。
朝ごはんの歌(パンの歌)と
夜ごはんの歌(お酒を飲みながら夕食)の歌を歌って
刀禰知美「(ラブラブ過ぎて)ヒューヒュー!って感じでしょ!」と
聴衆にもヒューヒューを要求。
さらには『石焼き穴子ご飯の歌』で

ジュッジュッジュ~♪

ジュッジュッジュ♪
とまあ、振り付けまでも。

公開生放送終了後にSAM 田中さんは
「ともちゃんの歌、本っ当に変わったでしょ?」と力説していた。勿論、良い方向へと。


刀禰知美「ライブ告知をします。
今週土曜日マジカルミュージックツアーです。
私は夜8時からピアノバー・アンティークにて、木谷悦也さんのピアノで歌います。
皆さん是非来て下さいね♪」






  


Posted by セノールマンキ at 18:04Comments(0)

2016年04月18日

SEIZY と誠也の『誠噺(まことばなし)』@LURU ホール


先週金曜日の晩の事

ここは和歌山市狐島FOXY テラス
2階のLURU ミュージック狐島店の方ではなく
今回限りLURU ホールにて
誠噺(まことばなし)の公開生放送をやっていた。

SEIZY 「この番組に誠噺(まことばなし)っていう名前を付けたのは
何の為やと思う?
誠也が出やんのやったら『今夜はオーライ!』に戻してもいいんやっ!」

それでも誠噺(まことばなし)を続けているのは
SEIZY と小椋誠也だと凄くオモロイのと
多分SEIZY さんは独りでは物足りないのであろう。



SEIZY 「その割には番組の内容がトークばっかりで
全然定まらないんやけど。」

話題は
某ケータイ会社の通信制限について
SEIZY 「関ジャニ∞の前向きスクリームって曲な。あの
前向き前向き~♪ってのいっぺん聴いたら
頭ん中でぐるぐる再生され続けてるから
YouTube見ようとしたら通信制限かかっとんねん。」

誠也「あれ、ジャニーズだからYouTube上がって無いんちゃいますのん?」



SEIZY 「なんでジャニーズが規制するんか分かれへん。
昔ファンの娘が脱ぎ出したりする禁断のバンドあったやん。
ああいうのだったら分かるけど。」

誠也「なんスかそれ?!」

SEIZY 「いま食い付いたの、男の観客ばっかりやん!」

誠也「そう言えば、僕の居ない間和歌山LOVES ってどうなったんですか?」

SEIZY誠也 「藪下ぁ~!野球どうなったんよ!」

SEIZY 「和歌山LOVES は今度はバスケをやるらしいぞ。」

誠也「そしたら自分、桜木花道のカッコして出ようかな。」




突然自分の持ち歌『Wrong time a go』を歌い出すSEIZY 。
そしてテレビ和歌山で流れている自分の持ち歌を歌う小椋誠也。「これ本当、貴重ですからね!」

そしてユーストの不文律に抵触したのか
『和歌山ライブの歩き方』岩橋編集局長に注意される小椋誠也。

最後は『ユメカゼ』を歌い上げる誠也の横で
SEIZY が何とかしてギターで参戦していた♪

またこの次のユースト公開生放送でも
『今夜はオーライ』ではなく
『SEIZY と誠也の誠噺(まことばなし)』が観られる模様だ。





  


Posted by セノールマンキ at 20:22Comments(2)

2016年04月13日

恭やんのお世話になります!?@LURUホール


ここは和歌山市狐島FOXY テラス
いつもの『和歌山ライブの歩き方』スタジオではなく
今宵は
この春にオープンしたばかりの
その名も『LURU ホール』♪


『ミュージックマート・イワキ狐島店』改め
『LURU ミュージック』でいつもやっている
『恭やんのお世話になります!?』公開生放送が
ライブ形式で開催されていた。




最初は恭やんが一人で歌っていたのだが
恭やんバンドのキーボードきっちゃんが
登場するや
何かおもろい事が起こりそうな空気が
会場に広がっていった。



南海電車のホームページでも聴く事が出来る
お馴染みの南海加太線ソング
『君は僕の肩に』を歌ってくれた♪
曲の最後の所で恭やんがギターの弦をはじいて
カン‥カン‥カン‥カン‥と鳴らす仕草もいつもと同じで
久し振りに生で聴く筆者は感激した。



恭やんバンドのスタジオ練習では
練習半分雑談半分だと恭やんは言うのだが
聴衆の前でしゃべるのとはまた違って
恭やん「自分でも何をしゃべってるか
分からん(*_*)」
そんな恭やんの無茶ぶりに
きっちゃん「話を振られた方もどうしていいか分からないですね~」


しかしながら音響が素晴らしく
恭やんの歌もギターも
きっちゃんの弾くキーボードの音色も
実に綺麗に聴こえていた♪

欲を言えば
恭やんバンドのベースてっちゃんが不在なのが
残念であった。


恭やんバンド3人揃ったライブは
和歌山市中之島の
ショットらいぶ(090-5155-7333)にて
毎月第三土曜日夜8時からやっているとの事だ。


  


Posted by セノールマンキ at 01:11Comments(2)