2016年05月14日

ザ・ショッキング『Go To The SatchmoWorld 』を聴いて



これも『和歌山マジカルミュージックツアー』の二の丸メインステージで観たのがきっかけで買ったアルバム。
ラッパの音が大好きなもんで(近代美術館ステージのオルケスタ・デ・タスケルオもかなり気になったのだが)やっぱりジャズは夜でお酒が入って聴くのが最高。

パンフレットにあった一文「ジャズがポピュラー音楽だった頃のジャズを目指してつかみ合うこと20年。」に惹かれて購入。
水原将のボーカルがかなりルイ・アームストロングを意識している感じが心地良い様な少し違和感な様な。
でもこのダミ声がかなり好みにはまっているのだ。
ルイ・アームストロングが大好きなので聴き比べたりした。
筆者はもともとカバーアルバムが苦手で
ここのペンネーム、セノールマンキの出典ゴスペラーズのCDでさえカバーアルバムは買った事が無い。
けれどもふと思った。クラシックをどれだけ多くのミュージシャンがプレイしまたアルバムを出そうとも
「それってカバーアルバムだよね?」と言われないのは高名なオリジナル(ここ傍点)プレイヤーが存命していないから。
そう考えればルイ・アームストロングやその時代のジャズにもおんなじ事言っても良いんじゃないの?とかなり強引な解釈をして
このバンドが好きになった♪



Posted by セノールマンキ at 09:05│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。