2017年09月04日

イッツハートフルライブ@和歌山オールドタイム


昨夜の事。
ここは和歌山市北新 ひめビル1階のライブハウス OLD TIME (オールドタイム)。
イッツハートフルライブの会場だ。
筆者はライブハウスに行くのが随分久し振りだったので興奮気味に
そして(珍しく)時間通りに19時に
席に着いた。
司会は『いもやん』と『原見浩司』(はらみこうじ)(harami -coba-のギタリスト)。

先ずは『あんず』。
司会の原見さんにギターを教えてもらっている生徒さんだという事だ。
澄んだ声がまっすぐ耳に届く。このライブに何回も出演しているうちにギターがどんどん上達していると、他の出演者の方々も言っている通り、
ギターの音色についつい引き込まれて聴いてしまった。

続いて『Pidum』。Piはピアノのピで、duはduo (デュオ=二人組)、mはお二人の名前からつけたそうな。
ピアノコンクールのエピソードを語ってくれた。
連弾(れんだん=二人並んで四つの手で同時にピアノを弾く)の冒頭からいきなり魅せて聴かせてくれて、もう筆者はかぶり付きで全身で感じさせてもらった。
流石、という感じだった。

その次に『秋』。TONPEI さんのステージでお馴染みの方である。
ブルースを歌い上げるその姿、それこそが
本人が探していると言う「可愛らしさ」だと思う。

次は『S'arranger』。木管楽器クラリネットと金管楽器サックスとの二人組器楽ユニットだ。
クラリネットの、輪郭がぼわあっとした音と
サックスのしなやかにくねる音との絡まりあいが
聴いていて凄く心地よく、落ち着く感じだ。
先程のピアノ連弾の様な、体が思わず反応してしまう感じの演奏と対極にある
こういった音楽も良いものだなあと思った。

そして『福宗バンド』。福山雅治の楽曲をコピーで歌い踊るのだが
何と言っても観客(ファン)の皆さんの盛り上げ方が素晴らしい。「これは…楽しまなければいけない!」と思わせてしまう。
タオルを振り回すように要請される観客の反応も良かった。面白いステージだった。汗かいた。腕、疲れた…。

ラストは亀岡利行(かめおかとしゆき)。
和歌山の『ウインズ』で平阪佳久と長年ツインボーカルをつとめた人だけあって
やっぱり観客に対するアピールとか楽しませ方が一流だなあと感じた。ウインズ平阪さんのグイグイ押してくるステージとは全然違う、亀岡さんならではの
やんわり心がほぐれる様な歌声が良かった。

ステージの出演者が入れ替わる度に
司会のいもやんと原見さんの短いトークがあったのだが
それを聞いているのも楽しかった。
いもやんのテンション高めのコメントにじわりとつっこむ原見さんの喋りが(ちゃんと聞いてて良かった~。)と思わせていた。
会場の和歌山オールドタイムは今年30周年なのだそうだ。
マスターであるボビー松本さんが何故か不在だったのだが、とにかく
「30周年お目出度うございます!!」





Posted by セノールマンキ at 00:04│Comments(2)
この記事へのコメント
セノールマンキさん。いつもありがとうございます。原見です。
これからもよろしくお願いします。
)^o^(
Posted by HARAMI -COBA-HARAMI -COBA- at 2017年09月04日 13:00
HARAMI-COBA- 原見さん

すこぶる楽しいライブですね♪
観に行って本当に良かったです!

またHARAMI-COBA-のライブも観に行きたいです!
Posted by セノールマンキセノールマンキ at 2017年09月05日 22:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。