2009年09月23日

きのくにコンサート終盤

コンサート中盤では、
平阪さんと亀岡さんの掛け合いMCが面白かった。
亀岡さんが作った曲を紹介する時には平阪さんの、
演歌歌手が曲紹介される時みたいな
こぶしの回った語りに亀岡さんがのっていて、
会場の上がり切った熱が平熱(?)になったりした。

何よりウインズのメンバーが皆、
楽しそうに嬉しそうにパフォーマンスを展開しているのが
観客席にもダイレクトに伝わり、
往年のウインズファン達の熱い気持ちが
ステージへとレスポンスされているのがよくわかった。

最後の方ではステージも観客席も全部を巻き込んだ
『なんで和歌山』の大合唱となった。
ウインズのメンバーもShino+もW.LockinCrewも
2人3人と肩を組んで歌っていた。
仕事(それぞれ別業種の)が終わって駆けつけた
小椋誠也くん(ワイシャツにネクタイ姿)と田頭宜和くんを
迎えた藪下将人くんが3人で肩を組んで歌っていたのがとても印象的だった。

平阪さんはMCで
「メンバーがそれぞれの場所から集合したり
ステージパフォーマンスを仕上げたりするのが大変だった。」
と言っていたが、
「ウインズまだまだこれからですよー!」
と声を大にして言いたい気持ちになった



Posted by セノールマンキ at 02:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。