2009年09月29日

『さて!ばなな』と岩喜のマスターと『和歌山ライブの歩き方』

ばななスタジオ公開生放送の存在を知ったのは
確か今年2月の祝日(建国記念日かな)に
モンティグレ2階のスタジオ前ベンチでひと休みした時です。

その日は火曜日『マスターの大人音楽』の日で、
観客は誰もいなくて
イワキのマスターとアシスタントのちっこいくん(?)が
2人でDJをやっていました。

コーヒーが飲める生放送中のスタジオなんて渡りに船!
(ちなみに一緒に行った息子の名前は櫂:船のオール)
と思い早速スタジオに入りました。

Broad Band Musicの店番をしていたマスターの奥さんが
お菓子を出してくれました。

中央のテーブルにつくと直ぐにマスターが
「(当日特集だった)氷川きよしのファン?」
と喜色満面でマイクを向けてきたので
思わずウンウンと頷きました(汗)。

しばらくは椅子に座って拝聴していたのですが
本当(?)はゴスペラーズのファンなので
こりゃ視聴より試聴だな
と思いゴスペラーズの『ローレライ』を聴いていました。

帰りしなにマスターが
「金曜日にはプチライブもあるよ
と言っていたので再度訪れたのが
バレンタイン前日の『チョコ・ライブ』の日。
テレビ和歌山のCMソングでかねてより声が気に入って名前を憶えていた
藪下将人くんが小椋誠也くんと出ていました。
その日のプチライブでは藪下くんだけが歌い、
そのステージを観て一目(?)惚れ
したのが今でも鮮明に焼き付いています。

マスター、
藪下くんや小椋くんそれからウインズ平阪さんとの出逢いを
演出して下さって有難うございました
画像は
レコードショップ・イワキ
(またの名を『岩喜演歌商店』)代表 兼
『和歌山ライブの歩き方』サイト運営管理者の
岩橋和廣さん



Posted by セノールマンキ at 01:37│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。